塾講師の採用試験を受けている様子です

塾講師採用試験で落ちた!と思ったら…

私の塾講師中には採用時に面白いエピソードを持っている人がいます。

その仲間というのは去年入ってきた新入社員なのですが、入社試験を受けた時に面接での手応えもイマイチであり絶対に落ちたと思っていたそうです。
この塾を第一希望の就職先として希望していたので、そのショックは大きく三日間は悩み続けたという話を聞きました。
しかしその社員は自分の予想に反して一次面接を通過しており、二次面接の対象者に選ばれたのです。

その喜びはかなり大きく、二次面接になると打って変わって自己PRを積極的にしたりできたのでなんとか最終面接にも合格できたというエピソードを教えてもらいました。
この塾は採用試験がかなり厳しく、新卒でも納得の行く人材がいなければその年は採らないということもあります。
ですがこの新任講師の場合、真摯な姿勢と誠実な受け答えが良かったのだと後に採用担当者から聞きました。

塾講師の採用試験を受けて手応えがなかったり絶対に落ちたと思ったとしても、実は選考を通過しているということはよくあります。
ですから、就職活動で塾講師を目指す方は自信を持って就職活動をしてください。

時期が良くて塾講師の採用試験に合格した友人の体験談

仲間の中には本当にラッキーで強運の持ち主なのではないかと思わざるを得ないような講師が存在します。

その講師というのが友人の塾講師なのですが、彼は中堅大学を卒業した後は一般企業で働いていました。
しかし私が講師の仕事の魅力を会う度に話しているのを見て自分も塾講師になりたいと思ったらしく、なんと最大手で講師になるのにはかなり難しい塾の採用面接を受けました。
私は絶対に合格なんてありえないだろうと思っていました。
なぜならばその塾は難関大学卒業の講師しか雇っておらず、友人の場合は当然のごとく書類選考で落とされるだろうと予想していたのですが、その予想に反して友人は講師として採用されました。

後日なぜ採用されたのか改めて聞いてみたところ、どうやら時期的に人手不足の時期に面接に言ったことが採用につながったのではないかと言っていました。
彼の塾では理数系の講師が足りておらず、その時に応募したことで正社員になったというなんともラッキーな人間です。
その友人は今でもその塾で働き続けていますが、実力を身につけていき今では塾の経営陣の中にいるそうです。
塾講師も採用の時期を見計らって受ければラッキーなことがあるのだと思いました。
参考サイト